FC2ブログ

慰労会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「木材に関するお客様のSOSを解決します」

★株式会社斉藤工業所の公式サイトはこちら★

★メールでのお問い合わせはこちら★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

商工会青年部OB会 ・・・ 石狩川フェスティバルでの焼き鳥に対しての慰労会です。

目標 2万本 ・・・ 実績 16,800本でしたが 新記録です。




「斎藤会長!今回のOB会、現役メンバーも参加して良いですか?」

・・・ 青年部長からの突然の申し出に ・・・

「・・・良いけど、どうして?」

「北商工会青年部全員が参加したいと言っているんです。」

「・・・わかった。」

・・・蘇ったのは20年前の事、私が青年部長の時、場所は蕎麦屋の二階。OB会です。・・・

CA3I1534.jpg

具体化したフェスティバルの運営にOB会の力を借りようと呼びかけ会合を召集しました。

いきなり先輩の一人から 案内文の不備について指摘されました。

「斉藤君、この文章は君が作ったのか?」

「いいえ、局長が用意してくれました。」

「事前に目を通したのか。」

「いいえ、なにかとバタバタ忙しくて・・・。」

「君の名前が記されている文書だよ。君の責任だ。」


・・・大勢の先輩達を前に この後の展開を予想できず 頭が真っ白になってしまいました。


CA3I1535.jpg

クレーマーよりも年上の局長が詫びを入れて 本来の説明に入ることができました。

「本日お集まりいただきましたのは、石狩川フェスティバルの売店についての事です。
イベントの運営に現役青年部が関わりますので、売店の運営のお手伝いを・・・。」

「何人来るんだ?」

「よくわかりません。天候にも左右されますし・・・。」

「いくら儲かるんだ?」

「天候に左右されますから・・・よくわかりません・・・。」

「そんないい加減なものに どうしろと言うんだね。」

「・・・。」



クレーマーの口撃に 他の先輩たちが助け舟・・・。

「まあまあ、最期まで話を聞いてやろうや。」

「こいつらに呼ばれなければ こうやって集まることもなかったんだし・・・。」

私の顔色は青くなったり赤くなったりして頭のなかは白いままです。



ようやく河川敷をキャンパスに例えてイベントの計画を紹介し終えました。



「齋藤君、老いては子に従え・・・と言うのだから われわれは協力することにするよ。」




終わりよければ全てよし。

強力なクレーマーのお蔭で 先輩達の意思がハッキリと示される結果になりました。



老いては子に従え・・・これがOB会の気風になって20年 ・・・


CA3I1536.jpg

今回、合同開催の意図はジェネレーション格差の問題に 若手から声が上がったことです。



40歳定年の青年部。



現役メンバー なかなか増えない現状の中 40近い集団と20代の集団になっているとか。

3~4年後・・・先輩達とのつながりは 親しいまま保っていられる状況なのだろうか・・・

若手を気遣う定年間近の部員達・・・将来に向けての話があったのでしょう・・・

・・・多分、イベント準備の現場連泊のさいに 煮詰まったのだと思われます。




兄貴分の思いを知らされて 大感動。

三ヶ月前に入った若手メンバーも積極的に顔つなぎをして回ります。

こいつらの目は、未来に真っ直ぐだ!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤工業所

Author:斉藤工業所

旭川市東鷹栖で製材工場をしています。

木材の問い合わせは こちらまで

090-8279-1552

非通知不可

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード