FC2ブログ

バリウム

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「木材に関するお客様のSOSを解決します」

★株式会社斉藤工業所の公式サイトはこちら★

★メールでのお問い合わせはこちら★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

毎年 春に行う会社の定期検診・・・私だけこの時期にスライドしてバリウム検査です。

前日までの便2日分を持って、商工会のクリニック・・・移動診療所というところでしょうか。

レントゲンとバリウムは 競輪の収益で寄贈されたバスの中で行います。

CA3I1574.jpg

受付のあと、トイレで尿を採取・身長体重・視力・血圧・内診・採血と流れるように進みます。

心電図の時に計られた臍周り ・・・ 89.5cm ・・・ 今年も メタボです。

最後に聴力検査をして バスに移動します。

CA3I1571.jpg

レントゲンもバリウム検査も バスの中の検査技師は 女性が一人

下駄箱の使い方から てきぱき てきぱきと 多少威圧的です。

健康な人が受ける健康診断なのですから 多少の指示には従えますが・・・


「齋藤さんですね。」
「はい」

「胃を膨らませるための炭酸です。口に入れたらバリウムで全部流し込んでください。ゲップは 我慢してくださいね。」

次々出てくる物が口の中に・・・私は、目で頷くだけです。


「中に入って まずレントゲンです。」

「ここに、あごを乗せて 大きく息を吸ってぇ止めます。」



「はい、次は ここに立ってください。」

CA3I1572.jpg

カプセルを半分にしたような装置? 

「両手を伸ばして パイプを掴んでいてください。・・・動きます。」



カプセルベット? 斜めに移動したまま・・・止まった。



「右を向いて回ってください。」

「???」



「聞こえていますかぁ、そのまま一回転してしてください。」

「この場でですか?」

「そうです。」




胃袋に まんべんなくバリウムを塗ったくる作業なのでしょうが 撮影ポジションに付く度に

「はい、一回転して下さい。」



次がつかえて急ぐ気持ちはわかりますが、メタボおじさんには きつい運動でした・・・


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤工業所

Author:斉藤工業所

旭川市東鷹栖で製材工場をしています。

木材の問い合わせは こちらまで

090-8279-1552

非通知不可

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード