FC2ブログ

木の繊維

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「木材に関するお客様のSOSを解決します」

★株式会社斉藤工業所の公式サイトはこちら★

★メールでのお問い合わせはこちら★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

三津橋産業㈱が事務局を務める 「道産材で造る家の会」 が企画する

道産材を加工している企業の訪問に行ってきました。

一件目は 木質断熱材製造工場です。



チャーターバスが旭川支店から札幌支店を経由して苫小牧まで向かいます。

名寄・下川・旭川のメンバー5名でスタート。

途中、砂川のサービスエリアで2名が乗車。

CA3I0287.jpg

「俺、飲めないから飲める人は飲んで。」

バレンタインデーに貰ったと言う180mlの酒が2本。

「これくらいなら 滝川まで持たないから 飲んじゃいましょう。」

紙コップで乾杯した潤滑油 一気に口調が滑らかになります。

「最近は 忙しいですか?」

おかげさまで 札幌まで楽しく移動することが出来ました。


越前から出羽へと旅をしました。CA3I0288_20130315230058.jpg


CA3I0290_20130315230057.jpg

札幌支店で12名が乗り込み 目指すは チップから造る断熱材のメーカー。

株式会社 木の繊維

ドイツの会社とのライセンス規定により 写真撮影は 外部のみ。

名寄・下川・旭川の内陸人には強烈に感じる強い風・・・写し出せていません。サブッ!

CA3I0289_20130315230058.jpg

森林から生産される木材の半分以上がチップ ・・・ 紙の原料。

紙離れにシフトした世間の流れは変わりません。

必然的に チップは余り 造材作業にも直ちに影響が生じます。




救世主となってくれるか ヨーロッパ発の技術。

ドイツでもグラスウールの方が安いのですが 木材産業をトータルに考えて 

そこそこ健闘しているようです。 



木材資源の利用は 産学官+消費者代表で決定機関を作ると良いのかな?



ヨーロッパには 森林所有者に対してアドバイスが出来る人材が 銀行に居るとか。

財産として関心がもたれるようになれば 投資も始まり活性化も図られるようになるのかな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

どんなテーマでも
酒が出てくるblog

いいね~

般若湯

日本酒アレルギーの人に届いた義理・・・。

宙に浮いたままでは忍びないとしたアドバイス。

見事に場を和ます薬となりました。
プロフィール

斉藤工業所

Author:斉藤工業所

旭川市東鷹栖で製材工場をしています。

木材の問い合わせは こちらまで

090-8279-1552

非通知不可

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード