FC2ブログ

久万広域森林組合

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「木材に関するお客様のSOSを解決します」

★株式会社斉藤工業所の公式サイトはこちら★

★メールでのお問い合わせはこちら★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

広大な敷地に 総工費50億円 ・・・ 新生産システムです。

昨年見学した大分県と鹿児島県の工場にしか同じ機械は無いという事でした。

曲がりまっすぐに挽くので 歩留まりが上がります。

CA3I0391_20130324173711.jpgCA3I0392_20130324173710.jpg

杉丸太でラミナを中心に量産する 北米ツーバイ工場と同等規模です。

CA3I0393_20130324173710.jpgCA3I0394_20130324173709.jpg

コンテナーと大断面を利用した構築物 ・・・ 乾燥機は 新柴設備 バイオマスボイラーです。

CA3I0395_20130324173709.jpg

集成材まで加工して 住友林業に販売しています。

CA3I0396_20130324174233.jpgCA3I0397_20130324174233.jpg

最近話題の ヨーロッパ発の集成材 CLT

ヨーロッパの木材加工機械メーカーの研究開発で商品化に辿り着いたものだそうです。


二つのタイプが展示されていました。


小径木のパネル化については 高気密高断熱の発想から必然的な流れにも感じます。

木材品質の弱点は 接着剤と塗料の進歩で補われているのかもしれません。

・・・どうも


・・・どうも 新生産システム


一連の 視察研修で あちこち見させていただきますが、私にとっては他人事・・・なんで?





今回も感じたことを聞いているうちに ・・・

・今は忙しいけど 原料背景に将来性はない・・・間伐施業だから。
・販売を商社に一存しているところは とりあえず動いているが、他社で同システムだが上手く回らなくなった事業所も・・・

原発の規模には叶いませんが

どこかに無理がある事業を

「やったもん勝ち。」

・・・資本主義の場合何事もそうなのかもしれません・・・

そんな感じがします。




それでも内地はまだ良いさ。

・・・杉だらけだもの。

北海道は

カラマツの次は

トドマツの次は

アカエゾの次は  と言う 猫の目行政なのですから・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤工業所

Author:斉藤工業所

旭川市東鷹栖で製材工場をしています。

木材の問い合わせは こちらまで

090-8279-1552

非通知不可

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード