fc2ブログ

勘弁してちょ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「木材に関するお客様のSOSを解決します」

★株式会社斉藤工業所の公式サイトはこちら★

★メールでのお問い合わせはこちら★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

氷点下の朝 ・・・ 煙が まっすぐに昇って行くのは ・・・ 良い天気の兆し?

CA3I04590002.jpg

朝からモルダー作業中 ・・・ 間も無く 頭上に 冷たい水滴が ぽたぽた

CA3I04570001.jpg

モルダーの定盤に落ちた水滴は 途端に凍ってしまいます。 ・・・ 鉄は 未だ氷点下?

・・・ リリリリリリリン ・・・ 昼から止まらない火災報知器 ???

CA3I04600002.jpg

原因は これ ・・・ 結露した水と おが粉の仕業です。



4時間に亘って 一つ一つのセンサーを調べる羽目になりました。



だから、言ったんだ。 ・・・ 

「鉄骨の工場には、火災報知機は不要。漏電ベルだけで充分でしょう。」 

「火の気がない工場ですから分かりますけど、基準法で 決まっていますから・・・。」

・・・ 無駄な設備に 金を掛けなければならないのか ・・・

工場建て替えの時の やるせない会話を思い出しました。




問題が生じれば自己責任と言う事で、一律に設備を強要するのではなく

建築物の個性を認めて欲しいものです。 



行政は 保険を義務付けて認可する。

保険会社が建物の構造と運営に妥当な判断を下す。

違反した者には 厳しい処分が下される。

機能と個性が発揮されたユニークな建物が登場する。



どやっ?
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤工業所

Author:斉藤工業所

旭川市東鷹栖で製材工場をしています。

木材の問い合わせは こちらまで

090-8279-1552

非通知不可

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード