FC2ブログ

出張報告・午後の部

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「木材に関するお客様のSOSを解決します」

★株式会社斉藤工業所の公式サイトはこちら★

★メールでのお問い合わせはこちら★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

森林認証制度

森の現状をきちんと調査をして管理すれば 管理地域で毎年成長する森林資源量が判る。

毎年 増えた分だけを利用すると云うことができれば 現在の環境を損なう事が無く 森林資源の活用が未来永劫可能になるという制度の考え方。


北海道では下川町と 網走西部流域(紋別市・滝上町・雄武町・興部町・西興部町・遠軽町・湧別町・上湧別町)が 先進地域です。

091209_1347~0001 091209_1400~0001

「SGEC」というスタンプを押した原木。

資源管理が確立された山林から出荷されていると云う証である。


091209_1431~0001 091209_1432~0001

現時点での問題として 製造現場のコストアップと 流通過程での非認証製材との混入があります。

区別を目的とした原木につけたマークは 製材の時点で消え、製材に付け直したマークは 乾燥後に削られた時点で消え、集成材として製品化されたときには 一本ずつシールなどで表示しなければなりません。

新築の80%以上がプレカット加工と云う現状では プレカット工場に搬入加工された時点で非認証材と混入される可能性を否定できません。

これは、同品質の輸入製品が安い現状と 決められた予算で良い物を作って欲しいという施主さんの意思を伝える建築屋さんと 加工で利益を上げなければならないプレカット工場の努力が 一致するからです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤工業所

Author:斉藤工業所

旭川市東鷹栖で製材工場をしています。

木材の問い合わせは こちらまで

090-8279-1552

非通知不可

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード