FC2ブログ

増税論議と市民委員会

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「木材に関するお客様のSOSを解決します」

★株式会社斉藤工業所の公式サイトはこちら★

★メールでのお問い合わせはこちら★

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

16000人 ・・・ 末広市民委員会の総会です。

関係エリアは 16町内会 ・・・ 16000人の代表として218人が登録され159人が参加しました。

いつも災害が起きる度に 日頃からの地域住民の交流活動が重要である事を認識させられます。

改めて思うことは 現役をリタイヤしたダンディな人達にお世話になっているのですね。




今年の旭川は 住民の健康診断と防災訓練の強化を掲げています。

町内会単位での検診・受診は かなり安くなるようになっています。

年に一度 ・・・ 健康診断を受けていますか?
入り口には 震災支援の募金箱が 110416_1801~0001 


さて、増税論議がくすぶり始めましたが、以下のことを広く知らせて 皆で考えてくださいというメッセージを貰いましたので記します。


・・・ 略 ・・・



不況時の増税は、消費を激減させる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


そして、企業の生産および法人・個人の所得は減り、縮小スパイラルに突入することでしょう。



「復興財源を確保する」目的で増税したら、逆に税収が減っちゃった!(涙)


となるのは、不可避なのです。



不況時に消費税を上げ、景気がボロボロになった過去の例もありま
す。


日本の消費税は、1989年に導入されました。

当時の税率は3%。

これを橋本さんは、1997年に5%まで引き上げます。

そしたらどうなりました?


見事に消費減 → 生産減 → 投資減の縮小スパイラルに入ってしまったでしょう?


もっと具体的に数字をあげて。

日本の名目GDPは、バブルが崩壊した1990年、約440兆円でした。

すべての人が「バブルは崩壊した!」といいましたが、その後も少しずつGDPは増えていたのです。


91年468兆円
92年480兆円
93年484兆円
94年 486兆円
95年 493兆円
96年 504兆円
97年 515兆円


数字をじっくり見てください。

GDPは、少しづつですが一貫して増加しています。

ここで●橋本内閣は●消費税を2%引き上げを決定します。


98年 504兆円
99年 497兆円
00年 502兆円
01年 497兆円
02年 491兆円
03年 490兆円
04年 498兆円
05年 501兆円
06年 508兆円
07年 515兆円
08年 494兆円



どうですか、これ?

消費税引き上げ前と後で、明らかな違いがわかるでしょう。

消費税引き上げまで、ゆるやかな成長。

その後は、500兆円をはさんで上がったり下がったり。


で、肝心の税収は増えたの?ということです。

消費税が引き上げられたのは97年。

98年の消費税収は96年比で4兆円増えました。

しかし、所得税収は2兆円、法人税収は3兆円減った。

つまり、税収全体では1兆円減ってしまったのです。


どうですか?

私が日本経済は『壊滅する』と書いたわけがご理解いただけるでしょう。

税率をたった2%引き上げただけでどうなったか、私たちは忘れてはいけない。

「自粛」により縮小スパイラルが加速している時に消費税をあげれば、




日本経済は、まさに「壊滅」します。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

増税有りきの議論。
復興の絵図面が見えない中での議論は、これまでと変わらぬイタチごっこ。
タバコを上げれば税収減っても、保険料がそれ以上に減る?
誰しも負担は負いたくないけれど、日本はひとつ(?)、やりがいと生きがい、歯の食いしばり甲斐のあるビジョンを!

Re: No title

近々 夜の お花見 しませんか?
出来れば 東北のお酒で・・・。

No title

今年はGW辺りには咲くかなぁ。
このモヤモヤ気分を持て余してます。
25日の月曜日(国有林公売)に丸チャンに会えたら鳩首会談、聞いてみます。
プロフィール

斉藤工業所

Author:斉藤工業所

旭川市東鷹栖で製材工場をしています。

木材の問い合わせは こちらまで

090-8279-1552

非通知不可

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード